carebank.systems

訪問介護サポートシステム「CloudCareのご提案」

訪問介護事業を取り巻く状況

法改正により、介護報酬は減少傾向。残念ながら今度伸びる要素はなし。

そのため介護事業経営に重要なのは介護報酬が10~20%加算される「特定事業所加算」

特定事業所加算認定の必須条件

  1. サービス提供責任者からの事前の情報伝達
  2. ヘルパー向け計画的な研修の実施
  3. 全ての介護職員の健康診断の実施
  4. 担当の訪問ヘルパーからの適宜報告
  5. 全ての介護職員向け定期的な会議の実施
  6. 緊急時対応の明示
全国でも条件をクリアできる事業所はわずか20%程度

ハードルの高い「情報伝達」と「適宜報告」

  1. 事前指示を紙で行う、又は指示したことを記録に残さなければならない
  2. 万が一、サービスの報告が届かない場合は報告書を催促し、待たなければならない
  3. 事務作業が増え、残業時間が増加
  4. (サービス提供責任者からの事前の情報伝達)
  5. ・サービス提供後、毎回事務所に寄って 報告しなければならない
  6. 報告のための移動時間が増大
  7. 担当の訪問ヘルパーからの適宜報告
特定事業所加算認定は従業員の負担が倍増するので難しい

介護支援webアプリケーション

業務効率改善と特定事業所加算認定をご支援いたします

CloudCareのご紹介

動画紹介

システムご提供内容

導入時のシミュレーション

加算分の約30%のコストで導入可能

無料トライアル三か月のご案内

  1. システム(CloudCare)、タブレット&アプリ利用料最大30IDを3ヶ月間無償
  2. ※無料期間終了の1ヶ月前までに、継続利用有無の申告が必要。